« 瀬上沢クリーンアップ2011.6.12 写真をアルバムにUP | トップページ | 一歩一歩 »

カルタヘナ法・・・そして 食育

遺伝子組換え生物等が我が国の野生動植物等へ影響を与えないよう管理するための法律である「カルタヘナ法」(遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律)

遺伝子組み換えの食物を体にとりいれたとき、人体への影響は?

放射線問題も大きな課題ですが、その陰に隠れてこの4月13日に、また、何点か承認されています。マスコミの報道も少なく、日常の商戦の陰に隠れてこのところ話題にもなりません。

農水省のページから・・・

http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/index.html

このほかに農林水産省技術会議のページでは以下のように発表されていました。 

青字は引用です。

我が国においては、一つ一つの遺伝子組換え農作物ごとに、その用途に応じて生物多様性への影響や、食品や飼料としての安全性について、最新の科学的知見により評価を行い、安全性が確認されたもののみの使用を認める仕組みを導入しています。

とありますが、根本的に用途別で私たちの健康が守れるのでしょうか。これからは放射能の影響もでてくるでしょうし、見直しが必要なのでは?

遺伝子組換え農作物などに対する期待と懸念

(1)期待

遺伝子組換え技術は、医療、工業など様々な分野でその利用が期待されていますが、農業に関連する分野としては次のようなものがあります。

  • 現在でも世界で10億人以上の人々が栄養不足や飢餓状態にあり、今後ますます深刻化すると予測されることから、食料問題の解決に向けた、乾燥や塩害など不良環境でも栽培できる作物などの開発。
  • 農薬使用量の減少につながる、害虫に対する抵抗性を持った作物などの開発。
  • 除草作業の効率化につながる、特定の除草剤に抵抗性を持った作物などの開発。
  • 環境の保全や修復に役立つ、汚染物質を吸収する植物などの開発。
  • 石油価格の上昇などに対応した、低コストなバイオ燃料・バイオマテリアルの生産に使われる植物などの開発。

(2)懸念

一方、遺伝子組換え技術によって作出された農作物が利用されることについては、次のような懸念や意見が表明されています。

(生物多様性への影響)

  • 遺伝子組換え農作物が有害物質を産生し、他の生物に影響を与えることはないか。
  • 遺伝子組換えにより、元の農作物よりも繁殖力が強まったり雑草化しやすくならないか。
  • 遺伝子組換え作物で自生したものが、同種の植物と交雑し、生物多様性に影響することはないのか。
  • 害虫抵抗性の遺伝子組換え農作物を栽培し続けると、抵抗力の強い害虫が発生しないか。

(食品として摂取した場合の人体への影響)

  • 遺伝子組換え食品がアレルギーを引き起こさないのか。
  • 遺伝子組換え食品を食べ続けても大丈夫か、子や孫の代で影響はないのか。
  • 害虫が死んでしまうような遺伝子組換え農作物はヒトに対して影響はないのか。
  • 遺伝子組換え農作物を含んだ飼料を与えられた動物の肉や乳、卵を食べても健康に影響はないのか。

長期間にわたる影響・結果は見通せません。期待や懸念で片づけてよいのでしょうか。

子どもたちに孫たちにどのような影響が出るのか。私たちは重大な選択にさらされているのではないでしょうか。

どちらも、婆婆は大丈夫? でも、今、声をあげていきたい。

遺伝子組み換えはNO!

人智の及ばないところがあることを、原発事故とともに、示しているのではないでしょうか。

« 瀬上沢クリーンアップ2011.6.12 写真をアルバムにUP | トップページ | 一歩一歩 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 瀬上沢クリーンアップ2011.6.12 写真をアルバムにUP | トップページ | 一歩一歩 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

瀬上沢とみちる

  • クリーンアップ
    主に 瀬上沢の西側部分クリーンアップ時の写真です。

夜間昆虫調査:瀬上沢

  • Kanagawa2
    2012.5.30 17時~21時 今回の調査では、前回に続き蛾の飛来が多かった。 前回に比べて1~2ミリの小さな甲虫も多く集まる。 湿地の昆虫が飛来するはずの位置なのだが少ない。 そろそろ、ホタルも出てくる頃だが、気温がやや低いのか、まだ見ることはできなかった。
無料ブログはココログ